マイホーム新築融資

⑩「公庫融資付き分譲住宅購入融資」の仕組みと内容⑪新築マンション購入に利用できる「年金住宅融資」の中身⑫「年金住宅融資」を新築マンション購入にどう生かすか?⑬新築マンション購入に生かす「年金住宅融資」の申込み方⑭財形住宅融資」を新築マンション購入にどう生かすか?⑮新築マンションの購入に利用できる自治体融資と公団資金⑯新築マンション購入に活用できる民間住宅ローン⑰新築マンション購入に活用できる民間住宅ローン。中古マンション購入編①どんな中古マンションをえらべばいいの?@中古マンション購入に利用できる〈住宅ローン〉の種類③公庫融資「リ・ユース住宅(マンション)購入融資」の条件④公庫「リ・ユース住宅(マンション)購入融資」の内容①⑤公庫「リ・ユース住宅(マンション)購入融資」の内容㊧◎中古マンション購入に活用できる公庫以外のローン⑦中古マンション購入のための上手な資金の組み合わせ。新築戸建て住宅購入編①どんな建売住宅を選べばいいの?区画選びのポイント◎どんな建売住宅を選べぱいいの?建物のチエツクは?◎建売住宅購入に利用できる〈住宅ローン〉の種類と特徴
④公庫の「建売住宅購入融資」ってどんな融資制度なの?⑤「建売住宅購入融資」の融資額はどうなっているの?◎「建売住宅購入融資」の金利と返済条件はどうなの?⑦「公庫融資付き分譲住宅購入融資」の条件と融資内容一⑧「年金住宅融資」と「財形住宅融資」の融資内容は?⑨購入資金をどう組み合わせればいいの?その方法は?一
⑩定期借地権付ぎ住宅とは?住宅ローンは利用できるの?中古戸建住宅購入編①中古一戸建て住宅の選び方と購入のチェックポイント②中古一戸建て住宅の購入に活用できる〈住宅ローン〉◎公庫「リ・ユース住宅(一戸建て等)購入融資」の中身
④公庫「リ・ユース住宅(一戸建て等)購入融資」の中身⑤公庫融資以外の公的融資を上手に活用するポイント◎中古一戸建て住宅購入の上手な資金の組み合わせ方①どんな土地を選べばよいか、そのキーポイントはこれ1◎土地購入に活用でぎる資金づくりの方法をチエック◎土地の取得に幅広く活用できる民間住宅ローンの中身④建築条件付き土地分譲ってどんな内容になっているの?マイホーム新築編①新築住宅の構造と建て方を資金面からチエックする②新築住宅の規模とプランを住宅融資の面からチエック◎マイホーム新築資金に活用できる〈住宅ローン〉の種類④公庫の「マイホーム新築融資」が受けられる条件⑤公庫の「マイホーム新築融資」が受けられる条件@◎公庫の「マイホーム新築融資」の融資額はどんな構成
任意売却 不動産

不動産を購入する

ひとつは、金融機関からの資金調達です。手持ちの資金がないから、貯まるまで3 年、5年我慢しなけれぱいけない 。そのような、せっかくの投資機会をみすみす逃してしまうような事態も、他人資本が活用できれば避けることできます。金融機関からの資金調達に、不動産投資の経験は不要です。金融機関の審査さえ通れば、低金利で資金を調達することができます。もちろん、投資ビギナーでもまったく問題ありません。不動産投資のローン金利が低めに抑えられているのは、物件そのものに価値があることに加えて、借りる皆さんの生産性、つまり稼ぐカを金融機関が高く評価しているからです。ご紹介した、「不動産投資に向いている人」に該当する読者の方は、ぜひ、ご自身にどのくらいの資金調達能力があるのか、専門家や金融機関に問い合わせ、調べてみてください。もうひとつの他人資本は、購入した不動産から得る家賃のことです。たとえぱ、物件価格1500万円のワンルームを購入するとしましょう。自己資本つまり頭金は100万円。残りの1400万円は、金融機関からの資金調達で賄うとします。
勿論、調達した資金は月々返済していかなくてはいけません。では、誰がどうやって返済するのでしょう。そう、皆さんが購入した物件の入居者が払う家賃です。家貸という他人資本が、物件の購入資金を返済してくれるわけです。不動産投資は、他人の資本で購入し、他人の払う家賃で返済していく仕組みになっています。返済が終わったら、マンションは自分のものです。つまり、自身の努力が必要なのは金をつくることだけ(お勧めしませんが、頭金ゼロのフルローンという方法も可能ではあります)。あとは他人のお金を利用して資産を形成する投資方法です。「不動産を購入する」という行為自体は同じでも、日的がマイホームの場合、自分の給与の手取りからローンを支払っていきます。すべて自分資本です。したがって、2軒、3軒とマイホームを購入するのは、まず不可能でしょう。一方、不動産投資の場合、ローンを支払うのは家貸、すなわち、物件の入居者です。自分資本は頭金だけ。普通のサラリーマンやOLの人たちが投資のために3 戸もマンションを所有できるのは、このためです。

その他自己の財産を薄って主たる債務者にその債務を免れさせたとき

二すべての債務が弁済期にあるとき、又は弁済期にないときは、債務者のために弁済の利益が多い窓のに先に充当する。
三債務者のために弁済の利益が相等しいときは、弁済期が先に到来したもの又は先に到来すべき窓のに先に充当する。
四前二号に掲げる事項が相等しい債務の弁済は、各情務の額に応じて充当する。(数個の給付をすべき場合の充当)
第四九〇条一個の債務の弁済として数個の給付をすべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅させるのに足りない給付をしたときは、前二条の規定を準用する。
(元本、利息及び費用を支払うべき場合の充当)
第四九一条の債務者が一個又は数個の債務について元本のほか利息及び費用を支払うべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅させるのに足りない給付をしたときは丶これを順次に費用、利息及び元本に充当しなければならない。
囲第四百八十九条の規定は、前項の場合について準用する。
(弁済の提供の効果)
第四九二条債務者は、弁済の提供の時から、債務の不履行によって生ずべき一切の責任を免れる。

第四六二条@主たる債務者の委託を受けないで保証をした者が弁済をし、その他自己の財産を薄って主たる債務者にその債務を免れさせたときは、主たる債務者は、その当時利益を受けた限度に賭いて償還をしなければならない。
國主たる債務者の意思に反して保証をした者は主たる債務者が現に利益を受けている限度においてのみ求償権を有する。この場合に脆いて、主たる債務者が求償の日以前に相殺の原因を有していたことを主張するときは、保証人は、債権者に対し、その相殺によって消滅すべきであった債務の履行を請求することができる。
(共同保証人間の求償権)
第四六五条の第四百四十二条から第四百四十四条室での規定は、数人の保証人がある場合において、そのうちの一人の保証人が、主たる債務が不可分であるため又は各保証人が全額を弁済すべき旨の特約があるため、その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときにっいて準用する。